ズバリ!ホームページのイメージはこれで決まる!

ホームページのイメージについて

ホームページのイメージを決めるのは主にCSSです。CSSとはカスケーディング・スタイル・シートの略称で、ホームページのスタイルを指定します。一般的に文書のスタイルを指定する技術のことをスタイルシートと呼びます。ホームページは基本的にHTMLで作成されますが、そのデザインを詳細に指定するための言語の1つがCSSです。HTMLやCSSはプログラミング言語ではなくマークアップ言語と呼ばれます。マークアップ言語はホームページのデザインに関係します。一方プログラミング言語にはPHPなどがあり、コンピュータに特定の指令を与えます。CSSはHTMLと組み合わせて使用し、ホームページの色やサイズ、レイアウトなどの装飾を行います。

ホームページを自由に作成するには

自分の思い通りにホームページを作成したいのならば、まずマークアップ言語を覚える必要があります。HTMLはホームページ内の各要素の意味や情報構造を定義します。ホームページのヘッダーやフッター、メイン、サイドバーなど骨格を作るのがHTMLです。一方CSSを使用すればヘッダーやフッターなど各部の色やサイズ、レイアウトを自由に変更できます。簡単なブログサイトであれば、HTMLとCSSだけでも作成可能です。スタイルシートはHTMLファイルに直接書き込むこともできますが、CSSファイルを別に作成すると複数のページに適用できるようになります。共通したスタイルで複数のページを作成する場合には、独立したCSSファイルを作成します。